約束のネバーランドのユウゴの名言|大切なのは判断の後

注意!:以下の記事は、「約束のネバーランド」第109話までのネタバレを含みます。

考えても考えても、答えが出せないことってありますよね。

そんな時聞きたい名セリフを、大人気マンガ「約束のネバーランド」からご紹介します。

その判断は正しいか?

ラートリー家から襲撃に遭い、ルーカスとユウゴに応戦を任せ、なんとか生きのびてアジトに戻ってきたエマたち。

 

仲間を2人殺され、さらに自分たちを逃がしてくれたルーカスとユウゴの安否もわからない状態。

 

極限状態の中、エマは

「今までの判断は、間違っていなかったのか?」
「あれが最善だと思った。けど、どうだろう?」
「・・・怖い。」

と、考えすぎて、恐怖に飲まれてしまいます。

 

そんなエマに、戻ってきたユウゴが言ったセリフがコチラです

ユウゴの名言「大切なのは下した判断を正解にする努力」

約束のネバーランド第109話「進め」より引用 ©︎集英社 白井カイウ 出水ぽすか

 

正しい判断を下すこと。下そうとすることは大切だ。

でも、決してそれだけが全てじゃない。

判断は正しいか、間違っているかなんてその時には誰にもわからない。

だから大切なのは判断の後
下した判断を正解にする努力

たとえ下した判断で悪い結果を招いても
そこから何ができるか

如何に足掻くかこそが大切なんだ

判断だけで決まるなら
人生は賭け事になっちまう。

約束のネバーランド第109話「進め」より引用

 

決断しなければならない時、正しい決断をすることも大事なのですが、
それ以上に大事なのが、

下した判断を正解にする努力

なのだと、ユウゴは言っています。

人生は選択の連続

人生は、選択の連続です。

しかし、全ての判断材料が揃うころには、時間切れになっていることもあります。

正しい決断をするために、悩む時間は必要です。
しかし、正解は誰にもわかりませんし、悩んだ挙句、どちらも選べないのが一番最悪です。

 

なので、ある程度悩んだら、「えいやっ」っと直感を信じて決めて、
あとはひたすら、「下した判断を正解にする努力」をすることが大事なのです。

さいごに

僕はこのセリフを読んだ時、頭をハンマーで殴られるような衝撃が走りました。

これからどんな人生を歩んでいくのか、全くわかりませんが、
悩んで答えが出ない時は、このセリフを思い出したいと思います。

 

約束のネバーランドは、
子供達だけで、鬼のいる世界から生き残るサバイバルストーリーです。

残酷な世界で、如何に生き残るか?
知略を駆使した戦いが好きな人は、絶対にハマると思います。

この機会に一度読んでみてはいかがですか?

【公式】ジャンプ+「約束のネバーランド」無料試し読み

 

公式サイトはこちらです。
サイトのデザインがカッコイイ!

約束のネバーランド 公式サイト

 

「約束のネバーランド」TVアニメ化決定PV

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事