【日常】どうしてもキャバクラが苦手・・・

会社の同期は、キャバクラが大好き。

 

飲み会の後は、必ず

「この後キャバクラ行きませんか?」

 

行く気はさらさらないんだけど、断りづらくて、

「じゃあ・・・行くか!」

って言ってしまう。

結局、いつもこのあと後悔することになる。

なんでキャバクラが苦手か?

キャバクラ

イメージはこんな感じ ここまで高級ではないけど

飲み会は好きなのよ。

いや、酒は苦手だから飲めないんだけど、人と話すのは好き。

 

けど、一番思うのが、

なんで女の子と会話するだけで、高い金払わなきゃいけないの?

ということ。

ちなみに今回は、1時間7000円のお会計でした。

くぅぅ。こころの俺が泣いている・・・!

キャバクラが楽しめない人の特徴

相手も会話するのが仕事とはいえ、失礼なことしたくないし、

会話するなら、お互い楽しくしたい。

 

気を遣ってしまって、楽しめないんだよなぁ。

 

無言の時とか、「あ、なんか喋らなきゃ!」と思ってしまうのだ。

別に、硬派を気取っているのではなくて、

女性と会話するのは楽しいのだけど、それで1時間7000円。。。

 

たぶん、キャバクラにハマる人の大抵は、

自分がモテているという錯覚

を味わいたいんじゃないだろうか?

 

そこに、うまくなりきれる人は楽しいし、

「いや、相手もただの仕事やん・・・。」

って思う人は楽しめない。

 

お店の女の子の接客スキルとかもあるけど、一番の原因はここだと思う。

どうすればキャバクラを楽しめるか?

自分は、「何の得もない金の使い方」が嫌いなのだ。

7000円もあったら、いろんなことできるだろ!

本買ったり、誰かに会いに行ったり、映画観たりとか。

このお金を、単に金の浪費としか思えない。

 

 

ということで、キャバクラに行くことで、何か投資の側面があれば、もう少し気乗りすると思った。

 

会話によって、「ここだけの話」が得られる場合もある。

 

・キャバクラのイベント衣装(サンタコスとか)は自前で用意している。
・昼間はパチンコ屋で働いている人が多い。
・だいたい彼氏いる
・移動は、スタッフの送迎がある(田舎だから)
・飲まない客も来る(運転手とか)けど、かわいそうと思う。
・シフト制だが、指名がされると帰れないので、「早く帰れよ」って思う。

 

このへんの話は、ネットで探しても出てこない。(今出ちゃってるけど)

やはりそういった裏事情というものにこそ価値がある。

 

それでも、この情報に7000円の価値は見出せないけど。。。

さいごに

女性の人は「男はみんな、キャバクラが好き!」思ってるかもしれないけど、

ガチで苦手な人もいるよ!って話。

 

楽しめない人は、無理に楽しむ必要はないと思うので、

勇気を出して断るのが一番いい。

 

それが無理そうなら、3回に1回くらい誘いに乗ってあげれば、

まず角が立つことはないだろう。

 

どうしても行かなきゃいけないときは、ちょっとだけバカになってみて、

思い切り楽しんでしまうか、キャバ嬢との会話からオタカラ情報を探ってみるのがおすすめ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事