MacやWindowsにUbuntuの仮想マシンを作る方法
Mac上で動作するUbuntu

MacやWindowsでUbuntuを構築する手順は、これからも必要そうなので備忘録です。

参考図書:自分で動かす人工知能

インプレス社
中島 能和 著

>>パソコンで楽しむ自分で動かす人工知能

マニアックな内容が書かれていないので、上級者にとっては物足りないかもしれませんが、まずは手取り早くAIを動かしてみたい!という方におすすめです。

人工知能を手軽に学びたい人向けにUbuntuの環境を構築していますが、単純にUbuntu環境を構築がしたい人にもわかりやすい本です。

MacやWindowsにUbuntuの仮想マシンを作る手順

Mac上で動作するUbuntu

このように、MacやWindows中に、Ubuntuの環境を作れます。

 

①VirtualBoxのダウンロード

VirtualBoxは、Oracle社が提供するオープンソースのソフトウェアです。
WindowsやMacなどのOSの中に、仮想環境を構築できます。

下記サイトからVirtualBoxをダウンロードしてください。

 

VirtualBoxのダウンロードページ
https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads

 

 

 

 

・Windows構築する場合
→Windows hostからダウンロード

・Macに構築する場合
→OS X hostからダウンロード

サイト画像は2018.10.10時点のものですが、あれば最新版を入手してください。
(サイズは100M程度なので、あまり時間はかかりません)

②Ubuntu仮想マシンのダウンロード

Ubuntuは、下記サイトからダウンロードできます。

インプレスブックス パソコンで楽しむ 自分で動かす人工知能
https://book.impress.co.jp/books/1116101162

(ページ下方にダウンロードリンクがあります。)

4.14GBと大容量なので、数時間がかかります。

 

※このサイトからダウンロードできるUbuntuは、人工知能を学習しやすいよう、
 便利なソフト、初期設定など、全て準備が完了した状態で入っています。

 現在はまだ誰でもアクセス可能となっているため、簡単にダウンロードできますが、

 今後は購入者限定のページになるかもしれません。

 (初期設定には多大な労力がかかっていることと思われるため)

 

ちなみに、「自分で動かす人工知能」は、

「とにかく人工知能を動かしてみたい!」という方には、超オススメの一冊です。

パソコンで楽しむ自分で動かす人工知能

僕も、簡単な操作だけで、すぐに人工知能を操れるようになりました。

 

 

ダウンロードできなくなっていた場合は、本家Ubuntuのサイトからダウンロード可能です。

Ubuntu Japanese Team
仮想ハードディスクイメージのダウンロード
https://www.ubuntulinux.jp/download/ja-remix-vhd

 

AI学習用に初期設定はされていませんが、Ubuntuが使えればいいという方は、こちらからダウンロードしてください。

③仮想マシンイメージの展開

ダウンロードした仮想マシンイメージ(UbuntuAI.zip)を展開します。

 

・Macの場合

コマンドを実行
$unzip UbuntuAI.zip

・Windowsの場合

UbuntuAI.zipを右クリックし、
「すべて展開」
を選択。

 

展開には10分ほどかかりました。

 

Macの場合、Terminalが固まったのでアセりました。
unzipは進捗が出ないので、展開が終わって動き出すまで待ちましょう。

 

④セットアップ

ダウンロードしたVirtualBoxをダブルクリックで実行します。

セットアップウィザードが出てくるので、「Next」選択し、
セットアップを完了させます。

VirtualBoxセットアップウィザード

 

 

 

 

 

 

 

最後に「finish」を選択すると、VirtualBoxが起動されます。

「新規」をクリック

「新規」をクリック

 

名前に「UbuntuAI」を入力

名前に「UbuntuAI」を入力し、「次へ」をクリック

 

メモリーサイズは、「2048」に設定

メモリーサイズは、「2048」に設定し、「次へ」をクリック。

 

「すでにある仮想ハードディスクファイルを使用する」にチェックを入れ、[ UbuntuAI.vdi ]ファイルを選択する。

「すでにある仮想ハードディスクファイルを使用する」にチェックを入れ、[ UbuntuAI.vdi ]ファイルを選択する。

 

ここで、「UbuntuAI.vdi ってどれ!?」という方(僕です)

 

これ↓です。この赤いキューブみたいなアイコンが、[ UbuntuAI.vdi ]ファイル。

赤いキューブみたいなアイコンが、[ UbuntuAI.vdi ]ファイル。

先ほど展開した「UbuntuAI」フォルダに格納されています。

 

「作成」ボタンをクリックして完了

最後に、「作成」ボタンをクリックして完了

⑤Ubuntuの起動

VirtualBoxにて、「起動」ボタンを押すと、Ubuntuが起動されます。

「起動」ボタンを押すとUbuntuが起動されます。

 

Mac上で動作するUbuntu

シャットダウンするときは、「×」ボタンではなく、システムのシャットダウンから行ってください。
(データ破損の恐れがあるため)

初期パスワードは「P@ssw0rd」です。(白文字にしてあります)

まとめ

本を参考にしながら、AIに画像を加工させたり文章作らせたり、いろいろやってみるとおもしろいですよ。

 

いつになるかわかりませんが対話や予定の管理ができるAIなど、コンシェルジュ的なAIが作りたいと思います。

AIに仕事を奪われていく時代。むしろAIに仕事させてみませんか?

マニアックな内容が書かれていないので、上級者にとっては物足りないかもしれませんが、まずは手取り早くAIを動かしてみたい!という方におすすめです。

パソコンで楽しむ 自分で動かす人工知能

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事