エンジニア泣かせの顧客とは? 下請けSEの苦悩

SEになってはや3年半。

そこそこ、この業界の闇を見てきたと思う。

 

システムエンジニアに仕事を依頼する人や、

これから下請けSEになろうとしている人は、ぜひ読んでいってほしい。

エンジニア泣かせの顧客とは?

どんな顧客がエンジニアにとって脅威かというと

 

とにかく、仕様が「曖昧」

 

これに尽きる!

 

 

たとえば、

顧客
ここのバルブの色は、「緑色」でお願いね

元請け
承知しました

 

という仕様を顧客から持ち帰るけど

元請け
ここのバルブ、「緑色」だってよ

下請け
いや・・・「緑色」って、
ここのシステム 黄緑、ライムグリーン青緑3色使い分けているんですが・・・

 

こういうことが、たびたび起きる。

 

実際は、ここまで単純ではなくて、企業秘密で詳しくは言えないけど

・入力元のアドレスがダブっている

・新規作成なのに、同じ名称のものが既にある

とか、少しチェックすればすぐわかるものが多い。

(多分、ほとんどはエクセルのコピペをミスっただけ。)

 

 

なので、

仕様作成は、いくら丁寧でも丁寧すぎるということはない。

というのは、覚えておいていただきたい。

切実に・・・。

こうするとスムーズ!

色の指定の場合は、

「前のシステムの、コレと同じ色で」

と言っていただけると、非常に助かる!!

質問するだけでこんなに手間が

「曖昧だったら、質問すればいいじゃん?」

 

って思うかもしれない。

 

確かにその通り!

 

・・・なんだけど、ここが下請けエンジニアのつらいところで

 

イメージしているしている質問の流れって、多分こう↓だと思う。

 

下請け
ここの色、ライムグリーンでいいですか?

顧客
いいよ!

 

 

 

 

けど、実際はこう

下請けから顧客への問い合わせの流れ

 

 

 

めっちゃめんどくさい!!

 

しかもこれ、返信も同じ経路で来るからね。

 

顧客とプログラマが直接連絡してた時もあったらしいけど、

昔、プログラマが顧客にすごい失礼なメールを送るという事件が発生したらしく、

それ以降必ず、元請けの上長がメールすることになったそう。

 

問い合わせの担当者がすぐ動いてくれる人ならいいけど、

・出張で長期間いない

・社内でもなかなか捕まらない

なんてことがあると、質問を投げても返答が得られるまで1週間かかることもある。

 

手紙かよ!!

 

だから、最初の仕様の完成度ってすんごい大事。

逆に、最初の仕様があいまいでも、エンジニアと直接会話する機会を作ってくれる会社は、スピーディかつ完成度の高いソフトが作れることもある。

こうするとスムーズ!

・メールの返信は早めに

・可能であれば、実際モノ作りする担当のプログラマと顔合わせしておく

 

あいまいな仕様は顧客にとってもデメリット

ただ、こういった仕様の曖昧さは、

エンジニアが苦労するだけじゃなく、顧客の側にもデメリットがある。

 

なぜなら、そうした「めんどくさい顧客」というのは、あっという間に業界で知れ渡るから。

元請け、関連会社、派遣社員・・・などなど、アンテナはかなり敏感に張られている。

 

ヤバイ仕事は、ここの界隈では

「毒饅頭(どくまんじゅう)」

と呼んでいる。

 

もし、毒まんじゅうに当たってしまうと

・受注金額より作業量が上回り、残業がかさみ赤字

・強行スケジュールにより品質が悪化

・品質悪化によって会社の信用が落ちる

・上記3点がプレッシャーになり社員が離脱

という、負のスパイラルにおちいってしまう。

 

だから、みんな毒まんじゅうに当たるまいと必死なので、

「どうもあそこの案件はヤバイらしい」

という情報にはすごい敏感。

 

もし、そんな噂がある案件を依頼されたとしても、

「さすがにこの金額ではやらないだろ」

という価格まで釣り上げて、元請けからOKを出さないようにするため、高めに見積もり金額を提示される場合がある。

まとめ

・あいまいな仕様は、高く見積もられるため、顧客にとってもデメリット。

安くソフトを作るには、いかに明確に仕様を決められるかが大事

とはいえ、やはり一発で完璧なシステムを作り上げるのは難しい。

システムは、やってみないとわからないことが多いので、多少の仕様変更や検討は必ず発生する。

 

しかし、専門的な内容ならまだしも、単純な内容でもかなりのやりとりが発生してしまう。

そこで費用がかさんでしまうのは、非常にもったいない。

 

ベンダーの下請けがソフト作成をしている場合は、

「仕様をよく確認してから送る」

これだけで、少し費用が安くなるかもしれない。

 

 

※本ページで使用している動物アイコンは、 frame-illust.comから頂いています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事