こんにちは。しろヤギです。

こちらは、今週のジャンプの「僕のヒーローアカデミア」(作:堀越耕平)の画像です。

下書き状態でも、音が突き抜けてくるような作画 僕のヒーローアカデミア©︎堀越耕平

 

文化祭でバンドという、バトルシーンなしの回ですが、音が紙面を突き抜けてくるような、アツい描写です。

 

さて、画像を見てお気づきでしょうか?

そう、実はこのページ、作画が完成していない、下書きの状態なのです!

下書きの状態でも掲載する

ブラッククローバー ©︎田畠裕基 集英社

 

同様の事態は、大人気マンガ「ブラッククローバー」(作:田畠裕基)でもありました。

多い時で月に1回ほど。

他にも、ジャンプでは下書きの状態で掲載することがたびたびあります。

体を酷使しすぎて、連載を続けられなくなった人も

「ワールドトリガー」(作:葦原大介)は、ジャンプの看板を背負う大人気漫画なのですが、
現在は無期限休載中です。

ワールドトリガー でも、無期限休載前、下書き掲載や1週分の休載が頻発しました。

ワールドトリガー ©︎葦原大介 集英社

 

原因は、作者が「頚椎症性神経根症」(けいついしょうせいしんけいこんしょう)という、
首の神経を痛める病気を患ってしまったためです。

 

この要因を作ったのが、編集部から猛プッシュして行われた「2か月連続刊行」なのです。

 

これがきっかけとなり、首の病気が発症。

そして、いまだに連載再開の目処はたっていません。

選手にブレーキをかけるのが、監督の役目ではないか?

作家さんたちは「掲載したい!」という強い願望があります。

編集担当にとっては、「作家さんの意向を尊重した」といえば聞こえはいいのですが、
スポーツ選手と同じく、「ケガをしたら休ませる」のが編集担当=監督の役目ではないでしょうか?

 

「騙し騙し、痛みに耐えてでも自分のマンガを掲載したい。」
そう願う作家さんのプロ根性は、ほんとうに素晴らしいと思います。

しかし、結果的に執筆すらできなくなってしまっては、
それはもう「編集者の判断ミス」としか言えません。

 

確かに、連載がストップしてしまえば、売り上げは落ちます。
しかし、漫画が描けなくなってしまったら、それどころではありません。

 

今回のヒロアカ下書き掲載も、同じ予感がして不安になりました。

とはいえ、金を払っているのは読者

下書き掲載については、こんな意見もあります。

下書き掲載に対する否定的な意見
・金を払ってジャンプ買っているんだから、下書き掲載なんてプロとしてありえない
・下書き掲載ばかりになったら、「ちゃんと読みたいやつはコミックス買え」って流れになりそう

 

確かに、金を払って読んでいるというのはごもっともです。

清書された作画が見たいがために、仕方なくコミックスを買う人もいるかもしれません。

しかし、本当に優れた名作であれば、休載が多くても読者は必ず待っていてくれるはず。

コンテンツ過多のこの時代、作品の質を高め、愛される作品を作るためには、
時に「作者を休ませる」ことも大切なのではないしょうか?

ジャンプの今後に期待

王道少年マンガの世界で常にトップであり続けたジャンプですが、
最近は「こち亀」「BLEACH」「ナルト」といった看板マンガが次々と終了し、かつての勢いはなくなっています。

 

また、最近はtwitter Youtube note など個人でメディアを簡単に持てる時代になり、
「週刊誌」として掲載する意義すら無くなってきています。

 

時代が変わっても常にトップであり続けるために、ジャンプは大きく舵を切る必要があると思います。

ジャンプが作家にとっても良い環境になり、ワールドトリガー が再開されるのを期待しています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事