レンタルWifi 【シンガポールデータ】を使ってみたのでレビュー!

こんにちは!しろヤギです。

海外では、観光名所を回ったり、ホテルや会社で打ち合わせをしたりなど、
少ない日数で濃い1日を過ごすことが多いと思います。

現地に着いてから、一番困るのがスマホが使えないこと。

 

日本だと、目的地までのルートはスマホでさっと調べて簡単にできちゃいますが、

海外のオフライン環境では、路線図を見ながら駅の構内をウロウロしたり、

慣れない英語で駅員さんに質問したりと、めちゃめちゃ大変です!

 

海外でスマホが使いたい!

 

海外でも、日本と同じようにスマホが使えたら、どんなに楽でしょうか。

国によっては、フリーWifiが使える国もありますが、空港やホテル、カフェなどでしか使用できず、街を歩いてるときは使えません。

 

しかし、モバイルルーターをレンタルしておけば、日本と同じように海外でもスマホ使えます!

今回シンガポール旅行に行くので、モバイルWifiをレンタルしてみました。

シンガポール行くなら、シンガポールデータ一択!

海外旅行向けのレンタルWifiは、各社からサービスがあります。

シンガポールにて利用する場合の、各社の料金とサービスはこのようになっています。

1日あたりの料金比較(渡航先:シンガポールの場合)

サービス名 回線 容量 価格 受取可能空港 宅配手数料
Global Wifi

GLOBAL WIFI

3G

3G

4G LTE

4G LTE

4G LTE

250MB

500MB

250MB

500MB

1GB

670円

970円

970円

1170円

1370

新千歳・成田・羽田・中部・関西・福岡・伊丹・旭川・仙台・静岡・小松・新潟・宮崎・那覇 500円
イモトのWiFi

3G

4G LTE

500MB

500MB

980円

1580円

新千歳・成田・羽田・中部・関西・福岡 500円
Wi-Ho! 4G LTE

4G LTE

4G LTE

250MB

500MB

1GB

680円

980円

1280円

新千歳・成田・羽田・中部・関西・福岡 540円
JAL ABC

3G

4G LTE

無制限

無制限

1150円

1250円

成田・羽田・関西 750円
シンガポールデータ 4G LTE 無制限 780円 成田・羽田・中部・関西 無料

 

20185月現在では、シンガポールデータ一択です。

 

ただ、ネットをあまり使わない方や、1人しか使用しない場合は、Wi-Ho!の250MBプランもありですね。

宅配受取の場合、送料+手数料がかかってしまいます。(シンガポールデータの場合は送料手数料なし)

受取は空港で行なった方が安いですが、当日万が一受け取れないのが不安な方は、宅配受け取りの方がおすすめ。

受取から利用まで

 

申し込みフォームから申し込むと、申請完了メールが届きます。

 

ちなみこれ以降、ルーター返却までメールは届きませんでした。

受取場所の詳細MAPとか、前日にリマインドしてくれたら嬉しいんだけどなぁ・・・。

 

 

受け取りは、成田空港の受け取りカウンターにて待ち時間3分ほどでした!

 

これが実際のルーター↓

予想外に使い倒されたルーター

 

 

き、汚ねぇ・・・。

 

新品までは期待してなかったけど、こんな歴戦の猛者が来るとは。

てか、HUAWEIのルーターじゃなくね?

ま、まぁ、ちゃんと使えれば問題ないよね。

 

wifi返送用の封筒 でかいので、これを旅行カバンに入れてから預けましょう。

でかい封筒渡されますが、返送用封筒と本体以外はすぐに捨ててOKです。

いらない荷物になりますからね。

さっそく使ってみる!

 

チャンギ国際空港到着後、さっそくWifiの電源をON

電源はMAXに充電されているので、現地ですぐ使えます。

面倒な設定は不要で、SSIDとパスワード入れればすぐつながる。

 

今回の旅行は男4人だったので、全員がさっそくWifiに接続。

 

友人は、モバイルルーターは1人しか接続できないと思っていたらしく、

「おおぉ~!」

と歓声が。

 

ルーター1台で、4人全員がネットにつなげるっていいですね。

高速!無制限!超快適のシンガポールデータ

 

今回の旅では、マリーナベイサンズ、ナイトサファリ、などなどたくさん移動しましたが、

どこでも高速につながりました!

 

超便利!!!

 

移動の予定や、ガーデンズバイザベイでのショーの時間など、
すぐにネットで調べられたので、
めちゃくちゃ充実した旅になりました。

マリーナベイサンズ屋上のプール

レーザーショー 真ん中の青いのがマーライオン

タクシーを使って行ったナイトサファリのショー

シンガポールのソウルフード、肉骨茶(バクテー)の老舗

肉骨茶(バクテー)普通にうまかった

スカイウォークから見たショー

少ない日数で、ここまで多くの名所を回れたのも、全てシンガポールデータのおかげです。

 

地下鉄やバスでも、GoogleMapで行き先を指定すればすぐにナビしてくれるので、迷うことは一切ありませんでした。

 

きっと、Wifiがなかったら、みんな歩き疲れて、せっかくの旅行をゾンビ状態で過ごしていたと思います。

wifiレンタルで気をつけるポイント

以下、レンタルしてみて気づいたことです。

モバイルバッテリーは必要?
あった方がいいです。一日中接続すると電池切れるので。
ただ、レンタルするくらいなら、買ってしまった方がいいです。
(レンタルは100円/日)
他のオプション(ポケトークとか)には加入しませんでした。
保険は加入した方がいい?
旅先では、意外と紛失が多いです。
シンガポールは治安がいいので、スリに遭う可能性は低いですが、 タクシーや電車でルーターを落としてしまったら、探すのは困難です。
コストも安い(200円/1日)ので、加入しておいた方がいいです。
サービスデスクは丁寧?
一度繋がらなくなったときがあったので、ホテルのwifiからメールしてみました。
日中だったからか、3分でメールが返ってきました。はやっ。
実際は、メールが返ってくる前に再起動してみたら復活したので、あんまりメールした意味はなかったのですが、 早くて丁寧な対応でした。

さいごに

海外でスマホが使えれば、鉄道やバスの乗り方もすぐできますし、
おすすめの店があれば、GoogleMap一発でルート検索ができます。

 

疲れたらおすすめのフットマッサージ店を調べ、

移動時間はSNSを見て、

カジノの遊び方がわからなかったらその場で調べ、

空港行きの終電の時間を確認したらギリギリまで遊ぶ・・・。

 

日本ではこんなことが当たり前にできるのは、常にネットに繋がっているからであり、

ネットの繋がらない海外では大変なことです。

 

こいつがいなかったら、どうなっていたことか。

ありがとうシンガポールデータ。

シンガポールを旅行する際は、シンガポールデータでWifiをレンタルしておくことをおすすめします!

ちなみに、僕がレンタルしたシンガポールデータはこちらです。

利用制限なし!シンガポール専用
Wi-Fiルーターなら安定感抜群!【シンガポールデータ】




Twitterでフォローしよう

おすすめの記事