【東のエデン】滝沢朗はなぜ全裸だったのか?
東のエデン 神山健治 より引用

最近の缶コーヒーのCMに感化されたのか、

久しぶりに、「東のエデン」を振り返ってみたいと思います。

東のエデン 神山健治 より引用

引用元:東のエデン ©︎神山健治

東のエデンを見たことある人は、ちょっとしたトリビアが得られるかも。

滝沢朗はなぜ全裸だったのか?

東のエデン 神山健治 より引用

引用元:東のエデン ©︎神山健治

この理由は、様々な推測が飛び交っており、公式でも答えを出していません。

私の解釈を伝える前に、まずはこの神山監督のコメントから

「東のエデン」第1巻に収録される第1話、第2話の見どころを神山監督が徹底解説!- アマゾン

りんごのガムではなく、梅ガムを選んだ理由

引用元:東のエデン ©︎神山健治

空港で滝沢が梅ガムを買うシーンがありますが、良く見ると梅ガムの隣にはりんごのガムが陳列されているんですよ。 滝沢はりんごのガムを食べなくて良かったですね。何故、彼はりんごのガムを食べなかったのでしょう?このシーンも注目ポイントですね。

梅ガムのシーン、印象的でしたね。

「梅ガムぅ?迂闊してんな・・・。」

という名セリフが生まれたのもこのシーンでした。

 

さて、神山監督も言及している、滝沢が梅ガムを選んだ
(りんごのガムを選ばなかった理由)とはなんなのでしょうか?

 

もうお気づきの方もいるかもしれませんが、

それはこの作品のタイトル

「東のエデン」

と大きな関係があります。

 

エデンとは、旧約聖書に出てくるエデン(楽園)のことです。

フーゴー・ファン・デル・グース 『人間の堕落』

旧約聖書では、アダムとイブが、エデンの園で
禁断の果実を口にしてしまいます。
エデンの園の禁断の果実、それはつまり、リンゴのことです。

引用元:東のエデン ©︎神山健治

滝沢は、空港の売店でりんごのガムを食べなかった。

つまり、禁断の果実を口にしなかったということですね。

 

 

さて、話を戻しますが、滝沢朗はなぜ冒頭で全裸だったのでしょうか?

ここで、旧約聖書では、

禁断の果実とは、それを手にすることができないこと、手にすべきではないこと、欲望の対象になるもののことをいう。この果実を口にした結果、アダムとイブの無垢は失われ、裸を恥ずかしいと感じるようになり局部をイチジクの葉で隠すようになった。

との記述があります。

「裸を恥ずかしいと感じない」とは、
まさに滝沢朗のことではないでしょうか?

 

りんご=欲望を表していることと、
ノブレス携帯の100億円とも関係がありますね。

 

このシーンの理由に、

インパクトを出す演出のためとか

拳銃もあったし、逮捕されて日本に帰ろうと思ったからとか

諸説ありますが、

 

単純に、

「裸を恥ずかしいと思わない」
という滝沢の魅力を伝えたかったから

なのではないかと思います。

普通の人が恥ずかしがるところを、逆に堂々としている。
滝沢朗は、最高にかっこいい男ですね!

引用元:東のエデン ©︎神山健治

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事