【ワールドトリガー】木虎のセリフにみるエッセンシャル思考
引用元:ワールドトリガー14巻 ©︎葦原大介 集英社

※この記事は、ワールドトリガー14巻までのネタバレを含みます。

 

こんにちは!しろヤギです。

 

さて、

「エッセンシャル思考」という本をご存知ですか?

エッセンシャル思考とは、

あらゆる方向へ1ミリずつ進むのをやめて、これと決めた方向に全力疾走することで、効果を最大限に高めることです。

 

グレッグ・マキューン氏の書いたこの本は、発売と同時に大ヒット。

全米でベストセラーとなり、世界各国で翻訳され、ついに日本語版が出ました。

 

エッセンシャル思考を、一番わかりやすく表した図がこちらです。

IMG_3563

引用元:エッセンシャル思考 ©︎グレッグ・マキューン かんき出版

あらゆる方向へ1ミリずつ進むのをやめて、これと決めた方向に全力疾走することで、最大の成果を得ることができる。

グレッグ・マキューン エッセンシャル思考より

現代人の多くは、「どうでもいい多くのこと」に振り回されている。

著者のグレッグ・マキューン氏は、このように主張しています。

 

 

この本は、「がんばっているのに、成果が出ない」多くの人に感動を与え、

トップレベルの経営者、ビジネスマンから絶賛の声があがっています。

 

大人になるとわかる。「がむしゃらな努力=現実逃避」ということ。

ワールドトリガーでは、ビジネスに役立つ考え方がたくさん盛り込まれています。

今回は、エッセンシャル思考にまつわるストーリーを紹介します。

 

 

試合が終わったあと、主人公の修は悩んでいました。

引用元:ワールドトリガー14巻 ©︎葦原大介 集英社

 

次の試合まであと少し。

次は、絶対に負けられない。

だが、残された時間が少ない。

 

新メンバーを探す、自分の訓練をする、二人掛かりや三人掛かりの新しい戦術を作る・・・・

 

いろんな方向で、チームを強くできないか模索していました。

とにかく、ただひたすらに頑張っていました。

 

 

しかし、いろいろ試してはみますが、なかなか強くなれません。

 

そんな主人公を見て、木虎が言い放ったキツイひとことがこちら。

引用元:ワールドトリガー14巻 ©︎葦原大介 集英社

 

目の前の目標から目を逸らして
方向の違う努力に時間を費やすっていうなら
それは単なる現実逃避

木虎藍 ワールドトリガー14巻 ©︎葦原大介 集英社

 

少年誌とは思えない、シビアなセリフ。

 

しかし、大人になるとわかります。

 

 

方向性の違った努力は、実はただの現実逃避となっていることがあります。

 

何もしていない自分が嫌だから、

とにかく予定を埋める、忙しくする、キツイことをやってみる・・・。

 

しかしそれって、実は単なる現実逃避ですよね。

「本来やるべきこと」から、逃げているだけの場合がほとんどです。

 

 

アクセルを踏む前に、方向性をしっかりと見定める。

そうしないと、この図のようになってしまいます。

引用元:エッセンシャル思考 ©︎グレッグ・マキューン かんき出版

 

がむしゃらな努力も、もちろん大事です。

しかしその前に、「正しいやり方」を見つける方が優先なのです。

 

 

 

この言葉により、主人公の修はハッとします。

 

そして、まずは「正しいやり方」を見つけるため、

頭を下げて教えを乞うのでした。

引用元:ワールドトリガー14巻 ©︎葦原大介 集英社

エッセンシャル思考と非エッセンシャル思考

ついに次の試合が始まります。

 

この試合は、

エッセンシャル思考の玉狛第2と

非エッセンシャル思考の香取隊の対比になっています。

 

対戦相手の香取葉子は、

器用だからこそ、いろんなことができました。

ワールドトリガー16巻 p78より引用

引用元:ワールドトリガー16巻 ©︎葦原大介 集英社

 

どれをやってもそこそこできる。

しかし、ずば抜けてできるわけではない。

「エッセンシャル思考」で言うところの、成功のパラドックスです。

成功した人は、何でもやろうとしすぎて、そもそも何をやろうとしたのか忘れてしまう。

グレッグ・マキューン エッセンシャル思考より

 

やることをコロコロ変え、壁にぶつかるとまた次のことをやる。

その結果、チームの順位は2年もの間停滞していました。

 

 

一方、主人公率いる玉狛第2は、

自分達にしかできない戦いかたを突き詰め、それのみに専念しました。

 

 

試合の結果は、玉狛第2の圧勝でした。

 

あらゆる方向へ努力することをやめ、

勇気を出して自分と向き合い、「本当にやるべきこと」だけをやる。

非エッセンシャル思考になりかけていた主人公を救った、厳しくも優しいセリフが忘れられないシーンです。

ワールドトリガー16巻 p146より引用

ワールドトリガー16巻 p146より引用

 

さいごに

いかがでしたか?

週刊少年ジャンプで連載中(※)のワールドトリガーは、むしろ大人が読むべきマンガです。

まだ読んだことのない方は、一度読んでみてはいかがでしょうか。

【中古】ワールドトリガー <1−18巻セット> / 葦原大介(コミックセット)

※2018年6月現在、無期限休載中です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事