【ワールドトリガー】遠征の選抜試験って何するの?|考察

2018年5月現在、無期限休載中のワールドトリガーですが、

追記:2018.12月

連載再開しました

回収されない伏線がまだまだたくさん残っています。

今回は、そんなワールドトリガーの謎のひとつ、

「遠征部隊の選抜試験の内容は何か?」

について、まとめてみました。

遠征に行ったことのあるチーム

現在、遠征に行ったことがあると判明しているチームは

・玉狛第一
・太刀川隊
・冬島隊
・風間隊

の4隊のみです。

作中で発言されていないだけで、他にもいるかもしれません。

 

どのチームも、ボーダートップクラスの実力者ぞろい。

命がけで行く遠征は、何が起きるかわかりません。

遠征に行くためには、最低限の戦闘能力が必要そうです。

 

遠征前の訓練で、菊地原は迅と戦っている

スクリーンショット 2018-01-19 21.45.05

ワールドトリガー 4巻より引用 ©︎葦原大介 集英社

ワールドトリガー4巻、ブラックトリガー争奪戦にて、

菊地原が意味深なことを言っています。

風間さんたちは何をモタモタやっているんだ・・・?

トリオン切れを狙ってた? 買い被りだ。ただ逃げ回ってるだけじゃないか。

この人とは遠征前の訓練でも何度か戦ったけど

大して強いとは思わなかったぞ・・・

セリフから、次の2点がわかります。

  • 遠征前の訓練があり、菊地原と迅は何度か戦っている。
  • その時、迅は風刃を使っていない

(菊地原が風刃の性能を知らなかったため。)

遠征に行けるのは、ブラックトリガーに対抗できる部隊だけ

スクリーンショット 2018-01-19 21.53.16

ワールドトリガー 4巻より引用 ©︎葦原大介 集英社

ワールドトリガー4巻より、風間さんのセリフ

遠征部隊に選ばれるのは、黒トリガーに対抗できると判断された部隊だけだ

とあります。

実際、風間隊・太刀川隊は、黒トリガーを使った迅と互角以上の戦いをしました。

決定権は最終的にボーダー本部にある

スクリーンショット 2018-01-19 22.06.49

鬼怒田さんより、

様子を見て、問題があれば

選抜で落とせばいいだけのこと

決定権はこちらにある

との発言がありました。

修がヒュースの入隊について、上層部と会議した場面ですね。

 

このセリフから、選抜試験の結果から、

最終的にボーダー上層部が決定するということがわかります。

 

以上が、現在までに出ている遠征選抜についての主な情報です。

選抜試験=ブラックトリガーとの模擬戦?

風間さんの

「遠征に行けるのは、ブラックトリガーに対抗できると判断されたチームだけだ。」

との発言から、

 

遠征の選抜試験は、

ブラックトリガー使いとの模擬戦

ではないかと考えられます。

 

しかし、遠征に行ったことがある菊地原が、

迅のブラックトリガー(風刃)の性能を知らなかった

という事実があります。

 

菊池原は、風間隊がB級時代からのメンバーなので、確実に遠征の選抜試験を受けているはず。

 

にも関わらず、迅の風刃の性能を知らなかった。
(結果、ブラックトリガー争奪戦では、真っ先にベイルアウトさせられた。)

 

なので、選抜試験=迅との模擬戦ではないと判断しました。

選抜試験は「天羽月彦との模擬戦」説が濃厚!

ブラックトリガー使いといえば、ボーダーにはもう一人、天羽月彦がいます。

ワールドトリガー BBFより引用 ©️葦原大介 集英社

 

天羽のブラックトリガーの特性は不明ですが、

・大量のトリオン兵を同時に相手にできる
・使用時の姿が人間離れしている
・トリガー使用後は周辺が真っ平らになる

ということが、現在までの情報でわかっています。

ワールドトリガー BBFより引用 ©️葦原大介 集英社

 

このことから、選抜試験の内容は

「天羽との模擬戦」

ではないかと思いました。

 

また、最終決定権はボーダー本部が持っていることから、

天羽との模擬戦に「勝った負けた」ではなく

「どれだけ天羽に対抗できたか」

という点が、評価されているのかもしれません。

さいごに

あとランク戦2試合で、選抜試験を受けられるかどうかが決まります。

連載再開後の展開が楽しみです!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事