【考察】三門市の秘密
ワールドトリガー1巻 ©︎葦原大介 集英社

ワールドトリガーの舞台は、主人公達の住む「三門市」(みかどし)となっています。

この三門市について考察した結果をまとめました。

三門市は、近界の3つの同盟国とつながる特別な地?

物語の冒頭は、「三門市」で始まります。

ワールドトリガーでは、作中の出来事は全て三門市内で起きており、

三門市とボーダーは密接な関係があったりと、三門市自体になにか意味があるのでは?と思わせます。

 

・第一話、最初のページから登場している。

・ゲートが開き、近界民が出現するのが、日本ではほぼ三門市のみ。
(ボーダーによって、誘導率がコントロールされているため)

・世界で最初に門(ゲート)が開いたのが三門市

などなど、この三門市はワールドトリガーのストーリー上、非常に大きな意味を持つ場所です。

三門市のには、同盟国への3つゲート(門)がある?

さらに、ついに旧ボーダーメンバーついて言及があり、物語が大きく動いた第162話

ここで玉狛支部のエンブレムの意味が開示されました。

近藤ゆりさん(見切れてしまって申し訳ない。。。)によると、

 

玉狛支部のエンブレムは、

  1. 3つの同盟国
  2. こっちの世界
  3. ボーダー

の3つから成る言っています。

 

「三門市」という文字をよく見てみると、

門(ゲート)が三つ

という意味にもとれます。

 

つまり、三門市とは単なる地名ではなく、

異世界につながる何かがある特別な地

なのではないでしょうか?

さいごに

3つの同盟国とはどんな国なのか?

なぜ今は交流がないのか?

などなど、まだまだ回収されない謎が多く残ります。

近界遠征編が始まれば、このあたりの謎も明かされてくるかもしれませんね。

今後の展開が楽しみです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事