【100円のコーラを1000円で売る方法】ネタバレと感想

100円のコーラを1000円で売る方法

なんの本かっていうと、マーケティングの本。

「100円のコーラを1000円で売る方法」のネタバレ

タイトルに登場する ”100円のコーラを1000円で売る方法” 自体は、ほんの2ページしか登場しない。

ちなみに、その方法がコチラ↓

※上司の与田が、超高級ホテル「リッツカールトン」に泊まったときのことエピソードです。

与田「そう。ルームサービスで頼んでみたんですよ。1035円でした。
普通に売っているコーラです。でも、今までの人生で最高に美味しいコーラでした。」

与田が言うには、最適な温度で冷やされ、ライムと氷がついた、この上なく美味しい状態で、シルバーの盆に載ったコーラがグラスで運ばれてきた、とのこと。

「この美味しさなら、1035円は安いと思いました。 でも、中身はディスカウントストアで50円、60円で売っているコーラと同じ液体なんです。面白いですよね。」

引用元:「100円のコーラを1000円で売る方法」

100円のコーラを1000円で実際に買ったのは、上司の与田誠。

しかし、ただコーラを買ったわけではなく、

最高級ホテルの一室で、ルームサービスでコーラを頼んだというのだ。

つまり、100円のコーラを1000円で売るには、

「最高級ホテルの一室で、ゆったりとしながら、美味しいコーラを飲む」

という「目に見えない付加価値」をつければ可能ということだった。

【感想】ストーリー形式でわかりやすい!マーケンティングの入門書

とにかく、わかりやすかった!

内容は、ストーリー形式で進んでいく。

商品企画部に転属してきた宮前久美と、超デキる上司の与田誠。

この二人が織り成すストーリーの形式。

主人公の宮前久美のセリフや、心情などを多用するので、普通のビジネス書よりスルスル内容が入ってくる

久美「こっちがおとなしく黙って聞いてりゃ、いい気になって!全くなんなのよ!あの連中!」

与田「ああ、やっぱり宮前さんは、何もわかっていないのですね。」

100円のコーラを1000円で売る方法 永井孝尚

過去の成功にしがみつき、失敗。

ピンチ。苦悩。そして怒涛の巻き返し・・・。

これ、ドラマ化とかしたらいいんじゃない?俺は見るよ?

さいごに

仕事でマーケティングをしているわけではないが、多分、マーケティングの入門的な内容なのだと思う。
しかし、とにかく読みやすくて良い本だったのは強調しておきたい。

難しい数式や理論は一切登場しないし、あくまで小説風なので説明ばかりでもない。

これからマーケティングについて学びたい!という人には、ピッタリの一冊。

ちなみに、現在は第1巻〜第3巻まで出ており、続編も読んだけど全部面白かった!

また、ヒット作の宿命なのか、最近マンガ版まで出版されていた。

ストーリー自体も面白いので、これは本当にドラマ化か・・・?

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事